日本大学理工学部交通システム工学科
地盤工学研究室

平成29年度卒業論文


 ・透水性ブロック舗装に用いる表面強化不織布の耐久性に及ぼす路盤状態の影響

 ・ジオセル補強路盤の支持力特性および応力分散効果に及ぼすジオセル高さの影響

 ・関東ロームの一軸圧縮強さおよびCBRに及ぼす乱れの影響

 ・埋設管の埋戻し材として用いた発泡ビーズ混入軽量化土の荷重低減効果

 ・短繊維を混入した関東ロームの強度変形特性に及ぼす繰返し載荷の影響

 ・構築路床の弾性係数算出位置に関する検討

 ・竹チップを用いた歩行者系舗装の性能指標に及ぼす養生条件の影響

 ・PDIとMPDによる路面プロファイル評価とすべり摩擦の関係に関する一考察

 ・面状不織布を混入した地盤材料のせん断特性に及ぼす不織布混入率の影響

 ・歩行者系舗装の弾力性および衝撃吸収性に及ぼす路盤支持力の影響

学外発表論文


山中光一、峯岸邦夫、吉澤千秋:粘性土を用いた転炉スラグ混合土のせん断特性に及ぼす配合条件の影響,第12回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,pp.209-212,2017
.

伊藤友哉、峯岸邦夫、山中光一、谷口成樹:ジオセル補強路盤の強度変形特性および応力分散効果による路盤厚低減に関する検討,ジオシンセティックス論文集,第32巻,pp.19-24,2017.

山中光一、峯岸邦夫:粘性土を用いた短繊維混合補強土の強度変形特性に及ぼす繊維特性の影響,ジオシンセティックス論文集,第32巻,pp.183-188,2017.

峯岸邦夫、山中光一、鎌尾彰司、重村智:平成28年度(2016年)熊本地震被害調査報告,日本大学理工学部理工学研究所ジャーナル,第140号,pp.13-20,2017.

K.MINEGISHI, K.YAMANAKA, T.ONODERA, M.ITO and H.YAGINUMA:Durability Evaluation of Reinforcement Geosynthetics Using Water Permeability Concrete Block Pavement, 6th International Conference on Civil Engineering, 2017.

T.OKADA, K.MINEGISHI, K.YAMANAKA and H.WAKATSUKI:Effects of Fiber Performance on Strength Property of Short Fiber Reinforced Soil Using Kanto Loam, 6th International Conference on Civil Engineering, 2017.

K. MINEGISHI, K.YAMANAKA, S.YAGUCHI and C.YOSHIZAWA:Effects of Mixing Ratio on Compaction and Shear Characteristics of Cohesive Soil Mixed with Steel Slag, th International Conference on Civil Engineering, 2017.

その他の論文は以下をご覧下さい。
 論文 研究発表